ネクストブログ

本当の情報をまとめてみてます

未分類

同一労働同一賃金を分かり易く解説  得か!?損か!?  今後の日本社会は

投稿日:2019年12月16日 更新日:


政府が「働き方改革」の名のもとに

2020年4月から、

同一労働同一賃金が施行されます。

「同一労働同一賃...」の画像検索結果←一応、これが概要です

同じ仕事をしていて給料が違うのは不公平・・・

これは解りますよね

なるほど、だからこれを施行するのですね

・・・って政府はそんなに甘いでしょうか?

同一労働同一賃金の本当の意味を見ていきましょう

同一労働同一賃金とは

2020年4月から始まるこの制度(ただし中小企業は更に1年後の2021年4月から)は、

文字通り、

同じ仕事をしている人は同じ賃金にしよう、というものです

これは、

正規雇用だとか非正規、アルバイトなど関係なく、同じ仕事には同じ賃金を・・・というものです

一応、厚労省に特集ページが出てますのでご参照ください

同一労働同一賃金特集ページ |厚生労働省

少し詳しく書きますと、

非正規雇用者(派遣社員やアルバイト、パートなど)が、

雇用主に対し、

賃金差の理由を聞く権利が認められ、その説明が義務化されたのです

つまり、明確な違いがない場合は同じ扱いにしましょう、ということです

これにより、

アルバイトにボーナスが支給されたり、

派遣社員の給料が上がったり、

労働環境が良くなる

様々な人に均等にチャンスが与えられる

というのがお上の言い分なわけです

「機会均等」の画像検索結果

本当に労働環境は改善されるか?

本当にそんなにうまくいくでしょうか?

実は先立ってこの制度を導入した企業があります

それは「日本郵政」です

「日本郵政」の画像検索結果

日本郵政グループは2018年4月にこの制度を導入しました

実は日本郵政、報道はほとんどされませんが、

非正規と正規社員の賃金格差が、労働組合でけっこう長いこと問題視されていました

実は私の家の近くの郵便局でも訴訟になったりしていました(日本中で起きています)。

そんなこんなでこの制度を導入したわけですが、

その中身は驚くべきものでした

なんと、

正規社員の待遇を引き下げ

同一労働同一賃金としたのです

例えば、

  • 年末勤務手当の廃止
  • 寒冷地・遠隔地手当の削減

などがあります。

また、この制度が始まるにあたり

派遣社員を受け入れている企業の6割がコスト増を懸念しているとのデータもあり、正社員にとっては不安の残る前例となっています

その為、

結局は人員削減をしたり、

残業の強制的な抑制など、

正社員への負担が大きくなる恐れは拭いきれないものとなっています

メリット・デメリット

もう少し良い点と悪い点を並べて見ましょう

まずメリットから

メリット

  • 非正規社員のやる気向上
  • 非正規社員が正社員と同様の研修などを受けられるようになる
  • 求職者の意欲向上

そしてデメリット

デメリット

  • 正社員の賃金減少など全体的な福利の悪化
  • リストラの促進(正社員の減少)
  • 社員一人当たりの労働負担増
  • 年功序列、終身雇用の廃止

このように並べてあげると、正社員でなくても良くない?

と感じてしまう人もいると思います

おそらく、

実際そうなるように作られたものだと思います

以前、この売国野郎!で有名な竹中平蔵氏が、

「竹中平蔵 90...」の画像検索結果

「国民の皆様は90歳まで働いてください」

と言っていました(若干、悪意のある編集してます)

※竹中氏は派遣会社も持っており、小泉内閣時での労働派遣法の改正で大儲けした事実があります

今の子どもが成人したころには、

一体どんな社会になってしまっているのでしょうか・・・・

本当に平等になるのか

ともかく非正規から見れば良いことはある・・・

とある面では言えそうですが、

実際にはそう簡単ではないのではないでしょうか?

と、言うのも、

賃金差の説明の義務化、というのは

逆に見れば、

多少苦しくても説明さえしていれば格差は認める、ということです

ちょっと極端な例かも知れませんが、

社長の御曹司だったり、

たまにしか出社しない重役だったり、

天下り社員だったり、

そんな存在でも

説明さえされていれば今までと同じ恩恵を受けることが出来る、とも取れます。

というか、面倒くさい御託を並べて既得権益を守るのは、

そういった方々の得意技です

実力のある人はこの改革でもっと力を発揮できる

もっと稼げるようになる

などと吹聴する人もいますが、

本当に実力のある人は殆ど関係のない改革だと思います

つまり、ハッキリ言ってしまえば、

この働き方改革の目指す先は、

格差拡大

既得権益の確保

弱者切り捨て

という点だけが見えてきてしまいます。

書いていて一瞬、

あ、な~んだ。いつも通りにやっているだけか

と思ってしまった私。

かなり洗脳されてきていますね・・・(笑)

今後の日本社会は

この同一労働同一賃金を始め、

日米貿易協定(FTA,TAG)、

日米デジタル貿易協定、

水道民営化、などなど

我々の生活に直結しながらも、

明るい情報はなかなか入ってきませんね

マスコミもこのような本当の問題はなかなか報道しませんし

(個人的には桜を見る会のような程度のニュースは一度流せばもう充分だと思います。他に報道すべきことがたくさんある)

しかし、テレビや新聞を通さずとも(あるいは通さない方が)

本当の情報が入るようになってきました。

主にネットがその中心ですが(フェイク情報も多いが)、本も良質なものがいくらかありますし、個々人間での情報もすごく重要になってきました。

何もしない、何も言わないだと、

既得権益者たちは

今回のように

自分達の利益だけをどんどん固めに来ます。

格差が広がっていきます。

駄目なものにはNOと言うため、我々は正しい情報を持つ必要があります。

自分で考える必要があります。

みんなで繋がれば大きな力になります。

(というか権力者たちは庶民が一致団結するのが一番怖い)

少しずつでも、良い社会、作っていこうではありませんか

子どもたちの為にも

「こども」の画像検索結果

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

子供にはどちらが良い?

今日は教育について   皆様、ほとんどの方が学校というものに行っていたと思います まぁ日本は義務教育で、教育の義務があるだけで義務学校ではないのでこう書いておきます   現在の日本の教育システムには賛 …

no image

落ち込んだ時 復活するには

落ち込むときは誰にでもあります 私もちょくちょく落ち込んでいます   元来、気が弱くて争い事が嫌いな性質なので、ダメージを受けることも少なくありません(今主夫業をするに至ったのにもそこも関係 …

参議院議員選挙 新潟選挙区の情報 考えよう選挙

本日、令和元年7月17日、 選挙の4日前です 今日はちょっとした情報が入ったので局地的に新潟県の参議院議員選挙についての話を簡単にしようと思います 新潟県民の方は選挙の参考にしてください 他県の方は選 …

no image

子育てに大切なポイントとは 子供に必要なもの

現在、子供が上から8,5,3歳がいます みんなお陰様で元気で、この間は家族全員で山登りをしてきました 標高が650mくらいの山で、山頂まで2~3時間ほどで着きます   3歳も一緒に歩きましたが、 半分 …

パン業界の面白可笑しい話 添加物での悶着と真相 

みなさん、パンてよく食べますよね 嫌いな人も少ないでしょうし、現代日本では必須の食品になっていますよね 種類や調理方法も多岐にわたり、本当に身近でありがたいものです パン業界は近年、安定を続けており総 …

「ロマネスコ」の画像検索結果

雪国に住む元はお兄さん、現在パパ
そろそろ悟りを開けそうだと思って20年ほど経つ。
が、未だにその兆候が見られないのが悩み

健康問題を中心に、ホンモノの情報、ダイエット、お得な情報を徹底究明!