ネクストブログ

本当の情報をまとめてみてます

エッセイ

エッセイ・勇気ある言葉 「北陸水害の生の声、現実の声」2022・8・3~4

投稿日:

新潟県 山形県中心に記録的大雨 河川氾濫など各地で大きな被害 ...

報道でご存知の方も多いと思いますが、
私の普段住む地域の近隣で水害が発生しました。
被害状況はちょっと移動するだけでだいぶ変わります。

単純に、低い地域は被害が大きいですし、高い地域は被害が少ないです。
当たり前ですが

こんな感じでした↓

これはすぐ近くの川なんですが、完全に氾濫してしまっています。

幸い、私のいるところは護岸壁が反対側より高くなっていたので、最後までギリギリ大丈夫でした。

反対側には田んぼがあるのですが(田舎在住)、田んぼもほとんど泥水を被ってしまっていました。早稲のものだとすでに稲穂が出来始めていて、それに泥が付くと稲が起き上がらなくなってダメになってしまうそうです。

 

また、田んぼだけでなく、道路にも川の水が流れていて、水が引いた後も多くの泥が残されていました。後片付けが大変です・・・

 

海抜の低い地域は、かなり水が入り込んだそうで、土砂や大量の枝葉が山を作り、さらにそこに流された車が突っ込んでいる・・・という写真を見せてもらったりしました。

線路や道路でも陥没や崩落した場所が多数あり、あちこちで道路が通行止めになっています。
なので陸の孤島、というテレビでしか見たことのない状況を自分が味わうことになりました。
買い物にも行けない状態ですし、とにかく自分の出来ることをしつつ、復旧するのを待つだけです。

川が氾濫しているのを目の前に見るのは非常に恐怖を覚えます。
不安も大きくなりますし、そういった状態の時に冷静な行動をするというのは、とても勇気のいる事なのだと痛感しました。
恐怖は人間を支配する力があります。

 

 

↓水の引いた道路には魚が残されていました

そして泥。

 

新潟・村上市と胎内市などに大雨特別警報…気象庁、最大級の警戒 ...

あちこちで通行止め。

土砂崩れなどで、木々が道を塞いでいるという場所が複数あります。

 

近くの橋も崩れかけていました
山形 飯豊町 “橋が崩落し 車1台流された”通報 警察が確認中 ...

 

国道113号の最新通行止情報 今日現在・リアルタイム情報|ナウティス

道路も崩落しています。
復旧にはだいぶ時間がかかりそうです。

 

 

本当にあっという間に水が増え、川から溢れだしました。
携帯の災害速報で気が付いてすぐに行動したのですが、逃げ道は既に塞がれていました。

やはり、日ごろからの災害の備えは大切だと思いましたし、
実際に災害にあった際は、
直ぐに動くべきか、
あるいは動かずに今いる場所で身を守るか、

適切に判断する必要があります。

 

正直、逃げるのが最善の判断でない状況もあります。
本当に冷静な状況判断が必要になるんだと学びました。

 

 

 

-エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

備忘録 野草を使って、自分で健康を作ろう! わざわざドラッグストアに行かなくてもOK!

今回は備忘録的な意味合いのものです。 私たちの身近に生えている草や花には、様々な効能のあるものがたくさんあるようです。 わざわざ山奥まで採りにいったり、 お金を出して高価な健康食品を買う必要もありませ …

エッセイ・勇気ある言葉  お題「子どもに対して、ベストの教育を考える」

教育というのは国家の一大事です。 子どもにどんな教育を行うかによって、国や地域の方向性が決まってしまうからです。 共産主義国家で育った子供はそれが”普通”になります。 資本主義で育った子どもだって同様 …

エッセイ・勇気ある言葉 コ口ナワクチン5回目! マスコミもさすがに隠し切れない!?

まだ頑張り続けているコ口ナウイルス騒動。 しかし、なんですね。 最近、様々な年代の方とお話しする機会があったのですが、60代以上の方のマスコミ(TVや新聞)への信頼度は凄まじく高いですね。 完全に信じ …

エッセイ 埼玉県でとんでもない条例改正案が!! なぜこのような条例が検討されたのか!?

  我が家にはテレビが設置されていないのですが、どうも民法ニュースでも報道された埼玉県の虐待禁止条例の改正案が話題になっているようですね。 上のイラストを見てもらっても分かる通り、 子どもだ …

エッセイ・勇気ある言葉 「安倍晋三氏銃撃事件の真相を考察する」

2022年7月8日。 2日後に参院選を控えたこの日、奈良市で選挙応援に駆け付けていた元総理大臣の安倍晋三氏が銃撃を受け、搬送先の病院で死亡が確認されました。享年67歳でした。 お悔やみを申し上げます。 …

ロマネスコの切り方〜パスタまで レシピ・作り方 by 農Pro ...

雪国に住む元はお兄さん、現在パパ
そろそろ悟りを開けそうだと思って20年ほど経つ。
が、未だにその兆候が見られないのが悩み

健康問題を中心に、ホンモノの情報、ダイエット、お得な情報を徹底究明!