ネクストブログ

本当の情報をまとめてみてます

健康 真相探索

食品添加物の真実 我々は共食いをさせられている!?

投稿日:

Amazon | 亀のすけ店オリジナル☆いろいろ 駄菓子お菓子 セット (大人 ...

流行している(とされる)ウイルスに対抗するため、ワクチンが世界各国で作られています。早いところでは承認され接種が始まっているところもあります。
もともとワクチンには水銀(重金属)が使われていることはけっこう有名です。水銀は身体にかなり悪影響を与えます。そしてもう少し詳しい方ですと、ワクチンにチロメサール・・・つまり”ヒトの細胞”まで使用されていることまで知っているかもしれませんね。
そして、今回の記事の中身である食品にも”ヒトの細胞”が使われていると言われたら、どんな気持ちになるでしょう?
今回は食品添加物について見ていくことにします

 

 

食品添加物の真実 現代はカニバリズムの時代なのか!?

北海道のご当地PBセコマオリジナルカップ麺と日清カップヌードルを徹底 ...

先述したとおり、ワクチンには水銀の他に”ヒトの細胞”が使われています。もう少し正確に言うとそれは胎児の細胞なのです。ちなみに新型コロ助ワクチンにもこの胎児の細胞が使われているそうです。
ワクチンを始めとする製薬開発に胎児の細胞が使われ始めたのは1960年代。既に半世紀以上も前から予防接種などでまったく知らずに”ヒトの細胞”を打たれていたかと思うと個人的には恐ろしさを感じます。具体的には以下のものが使われています。

✅MRC-5細胞(14週の男の胎児の肺から抽出した細胞)
✅MRC-9細胞(15週の女の胎児の肺から抽出した細胞)
✅WI-38細胞(妊娠4か月で中絶された胎児の肺の細胞) etc・・・・

これらを培養してコロ助以外にもこれまでポリオ、風疹、麻疹、アデノウイルスなど、多くのワクチンに利用されてきています。

 

さて、前置きはここまでにして本題の食品添加物に移りましょう。
実はこれら”ヒトの細胞”は多くの加工食品に使われています。
以下に胎児の細胞が使われている製品を挙げておく
●コーヒー用クリーム
●インスタントスープ(カップラーメン含む)
●ソース
●ケチャップ
●ガム  etc・・・
他にもあるようです。ご興味のある方は調べてみてください。

これらは食品表示(原材料)では「アミノ酸」としか書かなくても良いため、商品を見ただけで入っているか入っていないかを判断することは出来ない。ご存知の方も多いだろうが「アミノ酸」とは化学調味料のことで、これは非常に多くの食品に使われています。インスタント系ではアミノ酸が使われていない物を探す方が困難です。
余談になるが、アメリカではこの添加物を「天然調味料」と表示している。人間の一部だから「天然」の成分という事なのだろう。ちっとも笑えない冗談だ。

 

 

カニバリズムはどのような影響があるのか

ヨーネ病 - Wikipedia

人間の共食いのことをカニバリズムと言います。上記の事実は人間がヒトの一部を食べているのだから共食いという表現は大げさとは言えないでしょう。
そのカニバリズムは身体などにどのような影響があるのか?
共食いと言ってすぐに思いつくのはクロイツフェルトヤコブ病である。
狂牛病とも言われるこの病気は、牛の脳がスポンジのように穴が開いてしまい最後は死んでしまう恐ろしい病気である。この病気の原因を考えられるのは諸説あるが、最も有力視されているのが牛骨粉である。本来草食である牛に対し、廃棄された牛の肉を粉にし配合飼料の一部として与えていたのです。

基本的に動物の世界では共食いは極限状態や異常事態のときにしかあり得ません。
虫では共食いは見られるが(カマキリなど)、それとて日常的に行われているわけではない。つまり、当たり前だが生物にとって共食いが禁忌であるのは本能であると言える。

最も、人類の歴史を見るとカニバリズムは出てくる。これはヨーロッパでもアフリカでも中国でも日本でも見受けられる。
※各国のいわゆる古文書にはカニバリズムが散見されるが、今も昔も禁忌であることは変わりないので一般的には削除されていることが多い。他にも獣姦や親殺しなども同様である。

狂牛病や昔からの慣例を見る限り、カニバリズムは身体的にも精神的にも倫理的にも問題があると考えるのが当然であろう。

しかし、現代ではこのカニバリズムが知らされぬまま、多くの人が行わされている。
“知”が武器でもあり、楯でもあることは間違いない。

 

 

添加物の問題 その他

食品添加物は危険?|I Love The Earth

このほかの食品添加物の問題点を以下に列挙しておく
※動物実験などの研究により指摘されている事です

人工甘味料(アスパルテーム、スクラロース、アセスルファム、サッカリン・・・etc・・・)
⇒肥満、糖尿病、赤血球の減少、肝臓細胞異常、卵巣収縮、白内障、脳腫瘍、発ガン性

着色料(亜硝酸Na、赤色2号、赤色3号、緑色3号、コチニール色素、カラギーナン・・・etc・・・)
⇒発ガン性、アレルギー誘発、血管障害

アミノ酸(化学調味料、他に核酸、無機塩、有機酸などもある)
⇒肥満(空腹感と脂肪蓄積)、心臓病、糖尿病、脳、肝臓、子宮、副腎などに異常

上に挙げたものはよく見られる化学添加物の代表格のようなものです。
他にもパンによく使われている臭素酸カリウムですとか、コンビニやスーパーのカット野菜に使われている次亜塩素酸ナトリウムなども問題が指摘されています。
※コロ助対策で次亜塩素酸ナトリウムを使った次亜塩素酸水が話題になりましたが、まぁ身体に良いものではありません。オススメはしません。

 

というか挙げればまだまだあります。キリがないのでやめておきますが・・・
ちなみに人工甘味料に関しては過去記事でまとめたものがありますので興味のある方はご参照ください⇒人工甘味料の真実

様々な問題点が言われながらも、便利さと安さで使い続けられる化学添加物。
食べてすぐには問題が出なくとも、いずれそれが自分に返ってくる確率は高いと見ています。
現代は自分の身や子どもを守れるのは、知識をもったあなただけです。
添加物がすべて悪いとは私は言うつもりはありませんが、健康を考えると避けた方が良いと思います。今回の記事の内容も含め、ご自分の人生にとってベストの選択をする参考にしてください

 

-健康, 真相探索

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

千島学説とは 現代医療を根底から覆す真実の話 千島学説をわかりやすく解説します

千島学説(千島・森下学説)とは故・千島喜久男博士が提唱した学説です 現代の医学界からは完全に無視されており、名前を聴くことすら滅多にありません。 なので、これを検索している方はその時点でけっこうな情報 …

コロナ騒動から身を守る方法  マスコミはスポンサーの味方 どうやったら周りのマスク着用強制やワクチン強制に負けないでいられるか ワクチン危険論は都市伝説

すでに1年以上続いているコロナ騒動。 緊急事態宣言、蔓延防止等防止措置、時短要請、自粛要請、マスク着用、ソーシャルディスタンス・・・生活に大きな影響が出ており、ストレスを感じている人も多いようです。子 …

マルクス 資本論とは わかりやすく簡単に説明します

マルクスの資本論を知ってみたいという方はどんな理由でそう思ったのでしょう? 知識欲でしょうか 勉強家でしょうか? それともモテたいかたとか? 私は読書が趣味で、 読んでいた本がマルクスの資本論をある程 …

冷え対策 体を冷やす原因はプラスチック!? 体温低下は免疫力低下に

”冷え”を持つ人が増えてきているという。 しかし、こういった「命に直接かかわらない」、「生活が著しく困難になるわけではない」、「儲からない」といった症状のものは軽くみられ、その原因や対策が疎かになりが …

共産主義とは!? 社会主義との違いと、日本共産党の正体を見る

✅共産主義と社会主義の分かりやすい違い ✅共産主義の中身 ✅共産主義の問題点   これらを知りたい方向けの内容になっています コロ助ウイルスによる活 …

ロマネスコの切り方〜パスタまで レシピ・作り方 by 農Pro ...

雪国に住む元はお兄さん、現在パパ
そろそろ悟りを開けそうだと思って20年ほど経つ。
が、未だにその兆候が見られないのが悩み

健康問題を中心に、ホンモノの情報、ダイエット、お得な情報を徹底究明!