ネクストブログ

本当の情報をまとめてみてます

世界情勢 真相探索 都市伝説

地球温暖化についての新説 CO2(二酸化炭素)は地球環境を悪化させていない!? 環境問題の真実

投稿日:

地球温暖化とは~メカニズムと取り組むべき課題~|アピステコラム ...

地球の環境汚染は深刻な状況にあると言います。
SDGsや様々な環境問題提起、炭素排出権の取引等、多種多様な取り組みが行われています。
しかし、そもそもCO2(二酸化炭素)は地球環境のダメージを与えていない・・・それどころか緑化の増加に寄与している、という研究者までいる。
「地球温暖化」の犯人はいったい誰なのか?
少し見てみましょう。

 

 

地球温暖化についての新説 CO2は地球環境を悪化させていない!?

そもそも地球温暖化ってなに?:東京新聞 TOKYO Web

Co2が犯人とされている現在の地球温暖化説。
一般的に言われているな内容は以下のようなものになります。

✅現在、地球は温暖化している
✅その原因は温室効果ガスである二酸化炭素が増えたことにある
✅このままいけば、温暖化により世界規模の異常気象が起こる
✅そして南極の氷も溶けてしまう
✅その結果、海の水位が上がり、多くの陸地が沈んでしまう

これらを回避するための取り組みとして、SDGsや炭素排出規制、エコカー。エコバッグの推進などが行われています。

もちろん、これらが全て事実なら、非常に重大な事態であり、すぐにでも取り組まなくてはいけない状況でしょう。

しかし、これに反論する研究者やデータは数多くあります。
その中でも驚くべきは、CO2により地球の緑は増えている、という指摘がなされているということです。
現在のマスコミなどが言う地球温暖化説に真っ向から反対するこの説。
いったいどんなものなのでしょうか?

 

 

砂漠は減少し、地上は緑が増えている

大自然の中でリラックス気分を満喫♪国内にある緑の絶景10選 - Tripa ...

2018年に発表された、過去30年に渡るサハラ砂漠に関する研究報告がある。
それによると、この30年間でサハラ砂漠は約8%減少しているという。
サハラ砂漠は900万㎢以上もあると言われており、その8%となると、ドイツとフランスの国土を合わせたほどの面積になる。

2019年のドイツの衛星によるデータでは、同じく30年前から地上の植生が拡大していることも確認できるという報告もなされている。
また、NASAが提供する2000年~2021年までの16日周期植生データを分析すると、植生指数が「0.0936」から「0.1029」へと、9.94%上昇したことが導き出されている。
※植生指数・・・衛星データを用い、地上の植物の量や活力を数値化したもの

そして、ブログNTZにケネス・リチャード氏により寄稿された研究によれば、1980年代以降の地球の植生緑化傾向の約7割は二酸化炭素によってもたらされたと発表している。
つまり、CO2によって地上の緑が増えているということであり、多くのデータが地球の緑化が進んでいることを示しているのだ。

植生の面で地球にここまで緑が豊かになったのはおそらく1,000年ぶりだともいう。

 

 

地球温暖化の犯人?

この本、よかったですよ。 | 由良守生オフィシャルホームページ

地球の緑化が進んでいるということは、環境は悪化の一途・・・というわけでもないことが容易に想像できる。
しかし、炭素排出権取引や京都議定書やSDGsや、多くの環境取り組みがなされ、学校でも教えられているのは”地球環境待ったなし”である。
いったいどういうことなのでしょう?

CO2による地球温暖化を訴えているのはIPCC(気候変動に関する政府間パネル)という団体が発端です。

このIPCCという団体を見てみると、国際連合環境計画という国連の補助団体と国連の専門機関である世界気象機関が1988年に設立した団体である。
つまり国連の内部組織であり、(国連は国際資本家たちが創ったものだから)ロスチャイルドやロックフェラーなどの国際資本家たちの組織ということになる。
IPCCの目的は「地球の気候変化に関する科学的な判断基準の提供と地球温暖化に関する科学的知見の集約と評価」となっている。長々しいが、要約すれば地球温暖化に関して私たちが教えてあげますよ、というものである。

IPCCは2007年、元副大統領のアルバート・アーノルド・ゴア(アル・ゴア)氏とともにノーベル平和賞を受賞しています。
ただ、アル・ゴア氏の環境運動の活動資金はロスチャイルド系列から、そしてノーベル賞も同様にロスチャイルド資本のもとに行われているので、すべてが自作自演・・・自分で賞を作って自分で受賞しているようなものです。

では、なぜこのような事をしているのでしょう?

答えは簡単で、「金」のためです。
SDGsで税金をつぎ込み寄付を集め、炭素税導入で金を集め、エコカーで買い替えを推進させ、エコバッグで毎日コツコツ貢がせます。
地球環境のため、という多義名分があれば、みんな喜んで金を出すうえ、自粛警察のような人たちまで生まれます。実に効率の良いビジネスだと思いませんか?

ちなみに、一時期話題になった環境活動家のグレタ・トゥーンベリさん。
彼女の行動の裏にも国際資本家たちの影があったことは有名です。
ちなみに彼女は2021年のツイートで”私を操ってきた黒幕がもう私をコントロールできないことが明らかになるでしょう。私はやっと解放された!”と意味深な発言をしています。
真意は解りませんが、やはり何者かに操られてのパフォーマンスであったことは間違いないようです。

※画像の地球温暖化「CO2犯人説」は世紀の大ウソも面白い一冊です。

 

 

地球はどうなっているのか?

地球上の最も困難な課題に対処する、新しい地球シミュレータが誕生 ...

CO2犯人説を否定する学者や研究者は少なくありません。
例えば以下のような学説があります。

✅現在、地球は寒冷化している
✅CO2の排出量は地球の気候変動に影響を与えるほど出ていない
✅南極の氷は逆に増えている=温暖化していない
✅温暖化は太陽(の黒点運動)と関係しており、CO2は関係ない
✅データを見ると、CO2が増えたから温暖化したのではなく、温暖化したからCO2が増えたということが読み取れる

他にも色々な意見や研究があり、どちらかといえばIPCCの意見は少数派といえるかもしれません。
なぜ多くの研究者の研究や声を無視して、CO2温暖化説ばかりを(マスコミなどは)取り上げるのか?目を凝らしてみると、背後には巨大な利権が見え隠れする・・・

 

温暖化説だけではなく、私たちは本当のことを知っているのかは解りません。
例えば、本当に地球は丸いのか、宇宙はどうなっているのか、深海はどんな世界なのか、ワクチンは本当に効果があるのか、学校教育は子どものためになるのか、社会は誰の手によって動かされているのか・・・・

思い込まされていることは多々思い浮かびますが、よくよく考えると、絶対にこうだ!といえるものは案外少ないようです。
本当のことが分かれば、大きく常識は変わるんでしょうね

 

【関連記事】
現代のトンデモ科学 当たり前・常識なのに未解明なものとは
世界中が騙された!世界規模の大嘘
アジェンダ21とは 人口削減の計画か!?

 

-世界情勢, 真相探索, 都市伝説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本を裏から支配した黒幕たち 日本のフィクサーたち

国際金融家、ユダ金、多国籍企業オーナー、イギリスシティ、奥の院・・・世界を支配しているといわれる存在は、陰謀論と言うわけではなく存在するのは事実です。 そしてそれは日本国内でもあてはまることです。 今 …

Qアノン(Qanon)とは!? 世界を救う勢力なのか、それともその正体は・・・・

コロ助騒動で多くの情報が錯綜する中、これまで以上に注目を浴びてきているのが「Qアノン」です。 「Qアノン」とは、新世界統一政府(NWO)を目指す闇の勢力(ディープステート)と対立し、世界をあるべき姿に …

悪質商法の手口と対処法 実例、やり口、注意点などを紹介

長引く不況に加え、世界的な感染症の流行、資本主義も限界に来ているとも言われ、今後、より大きな不景気になる可能性も低くはありません。そうなると最悪の場合、治安の悪化、犯罪の増加もあるかもしれません。その …

日銀は誰がためにことを成すのか 日本銀行の仕事と今後の社会

日本銀行(以下日銀)はどんな仕事をして、何のために存在しているか解る人はどのくらいいるだろう? 「物価の安定」と「金融システムの安定」というのが大きな2つの目的となっています。 そのために金融政策の運 …

脳と心とお金を奪う製薬会社 精神薬の闇

ほとんどの薬には副作用がある、というのは常識です 例えば頭痛薬で有名な「バ〇ァリン」の副作用は頭痛です。うつ病の薬の副作用がうつ病、というのも珍しくありません。薬ではこのように「効用と副作用が同じ」、 …

ロマネスコの切り方〜パスタまで レシピ・作り方 by 農Pro ...

雪国に住む元はお兄さん、現在パパ
そろそろ悟りを開けそうだと思って20年ほど経つ。
が、未だにその兆候が見られないのが悩み

健康問題を中心に、ホンモノの情報、ダイエット、お得な情報を徹底究明!