ネクストブログ

本当の情報をまとめてみてます

エッセイ

エッセイ・勇気ある言葉 「安倍晋三氏銃撃事件の真相を考察する」

投稿日:

安倍元首相銃撃事件 容疑者はなぜ容易に背後に近づき発砲できた ...

2022年7月8日。
2日後に参院選を控えたこの日、奈良市で選挙応援に駆け付けていた元総理大臣の安倍晋三氏が銃撃を受け、搬送先の病院で死亡が確認されました。享年67歳でした。
お悔やみを申し上げます。

もちろん、このような犯行は許されざることです。
このような凶行がなくなる世の中を、我々は目指していかなければいけないと思います。

マスコミの報道では、
取り押さえられた山上徹也容疑者(41)が安倍氏や自民党が密接に関係している統一教会への恨みから行った犯行だとされています。

 

しかし、本当に統一教会の恨みがこの凶行をおこなわせたのでしょうか?
それが一因の可能性はあります。

とはいえ、被害者は一国の総理を務めた人物であり、当然SPもいました。
いくら容疑者が海上自衛隊出身という経歴(約3年間)があったとしても、統一教会への恨みがあったとしても、
それらを乗り越えて事件を起こせるものなのでしょうか?

J・F・ケネディの暗殺事件もそうですが、
一介の何の背景も持たない人が、これほどの事件を起こせるというのは無理がある、と考えるのが普通の感覚ではないでしょうか?

 

だとすれば、当然、この事件(安倍晋三氏暗殺事件)には黒幕がいると考えるのが自然でしょう。
マスコミも触れることが出来ない、アンタッチャブルな存在がこの実行犯に命令をした、あるいは洗脳した・・・

 

様々な事が推測されます。
今回は、想像の域は出ませんが、安倍晋三氏暗殺の真相を考えてみたいと思います。

 

 

安倍晋三氏暗殺の真相を考察する

山上容疑者「政治信条への恨みではない」と話す 認否は明らか ...

推測①CIA犯人説
日本はアメリカに事実上支配されています。国連憲章を見ても、日本は自治権を与えられているだけとも読み取れます。
ヘンリー・キッシンジャーやマイケル・グリーンなどのジャパンハンドラーズが日本を操り、日米経済調和対話(昔でいう年次改革要望書)などで日本に指示を出しています。

なので、アメリカや国際銀行家達に不都合な存在は、彼らにとっては不要な存在です。
実際、安倍晋三氏は総理大臣を務めていた時はアメリカの犬としか見えない仕事をしていましたが、総理を退任すると、ロシアとの関係を強化したり、日本を強くするための政策を立案していました。

これまで甘い汁を吸わせてやったのに、ちょっと隙を見せたらそれか・・・
ということで見せしめも含めてやられてしまったのかもしれません。
これでは今後の政治家たちも、アメリカに逆らおうなんて気骨のある人が出て来なくなりますね。
いくつかの意味で邪魔者となった安倍氏を暗殺・・・これが考えられる黒幕の1つ

 

推測②替え玉説
実は撃たれたのは替え玉であり、本当のところ、安倍氏は今も健在である。
または安倍氏は撃たれたふりをしただけで、実際は怪我すらしていない・・・・

このようなセンセーショナルな事件が起きる事こそが目的であり、何か本当に重要な事から目を背けさせる・・・いわゆるショックドクトリンであったという説。

あるいは参院選で自民党が勝つために、悲劇のヒーローとして祭り上げられるためにその役を担ったという説。

安倍氏が実際、何者かに命を狙われており、身を隠すために一芝居打った説・・・

安倍氏銃撃事件にもおかしい所があると主張する人ももちろんおり、例えば撃たれる前に胸元の襟がはだけたり、身辺警護の動きが演技的(練習済み?)であったり、また、奈良医大と奈良県警の安倍氏の死亡原因が違ったりと、お粗末な点も見られる。疑問が出てきてもしょうがないと思われる面もある。

 

 

推測③自民党内部分裂説
自民党は決して一枚岩ではありません。
アメリカ追従の清和会、アジア・中国寄りの経世会。大きくこの2つに分かれています。
現在圧倒的に力を持っているのは安倍氏も所属した清和会ですが、近年、アメリカの力は弱まり中国の力が増大しています。
そういった自民党内部での分裂から、特に影響力の強い安倍氏の排除に動いた勢力がある・・・と言う説。

あるいは影響力ある安倍派閥と現総理の岸田派閥との争いも考えられる。
ようは改憲(改憲は自民党の悲願)の主導権争いの一場面として現れた事件ということ。改憲は自民党でもその背後にいるいわゆるDSなんかの目的でもあるから、計画実行に邪魔な安倍派の摘除を行ったのではないか?

 

 

統一教会などは?

米紙が斬る「統一教会にとって日本は大事な“金づる”だ」 教団が ...

自民党は組織票として(あるいは資金源として)たくさんの宗教組織を抱えています。

統一協会もその1つといえます。
他にも有名な創価学会、日本会議(神道系)、自民党のメンバーの多くが参加する「日本会議国会議員懇談会」と「神道政治連盟国会議員懇談会」などなど・・・

宗教は古くから世界各国で政治利用されてきましたから、ここに言及するのは今さら感すらあります。

マスコミは統一教会と自民党の癒着を報道していますが(これも今まで一切されてこなかったことなので面白い)、他の宗教のことは報じませんし、実行犯の単独事件であるという風潮も見受けられます。まぁ相変わらずなマスコミ報道を鵜呑みにしている人もほとんどいないでしょうが(と信じたい)。

ともかく、宗教は政治に利用され、特殊な位置で利益を貪っているので宗教関係者が犯人であることは恩を仇で返す様なもの。ちょっと考えにくいでしょう。

 

 

真相は如何に!?

情報が少なく、特にこれが怪しい、と選出するのも難しい安倍氏銃撃事件。
もちろん、本当に単独犯の可能性もなくはないでしょう(個人的にはまずないと思いますが)。

 

ただ事件の起こった時期や社会状況、マスコミなどの不可思議な動きなど、決して単純な事件ではないことが想像できます。

国会議員の青山氏も自信のYouTubeでこの事件を追及しています

興味のある方はご覧ください。

 

安倍氏を国葬する、などと岸田総理は言っています。
ただアンケートなどによると半数以上の国民が反対しているようです。
こういうアンケートはだいたい自民党の基盤地域で行うので実際は3分の2くらいは反対しているかもしれません。

それでもやろうとするのは、人気取りのためなのか、他に思惑があるのか、あるいは心から悼む気持ちがあるのか・・・・

本当に政治というのは中身が見えず、怪しいことだらけですね!

 

 

-エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

エッセイ・勇気ある言葉 コ口ナワクチン5回目! マスコミもさすがに隠し切れない!?

まだ頑張り続けているコ口ナウイルス騒動。 しかし、なんですね。 最近、様々な年代の方とお話しする機会があったのですが、60代以上の方のマスコミ(TVや新聞)への信頼度は凄まじく高いですね。 完全に信じ …

エッセイ・勇気ある言葉  お題「子どもに対して、ベストの教育を考える」

教育というのは国家の一大事です。 子どもにどんな教育を行うかによって、国や地域の方向性が決まってしまうからです。 共産主義国家で育った子供はそれが”普通”になります。 資本主義で育った子どもだって同様 …

ひとりごと風エッセイ『勇気ある言葉』 お題「スズメバチも怖くない」 

先日、スズメバチに刺されました。 庭先で網戸の張替えをしていたんですが、張り替えた網戸を窓枠にはめる時にプスッといかれました。 どうもその窓の下に置いてあった木箱の中に巣を作っていたようで、それに近づ …

エッセイ・勇気ある言葉 「北陸水害の生の声、現実の声」2022・8・3~4

報道でご存知の方も多いと思いますが、 私の普段住む地域の近隣で水害が発生しました。 被害状況はちょっと移動するだけでだいぶ変わります。 単純に、低い地域は被害が大きいですし、高い地域は被害が少ないです …

ロマネスコの切り方〜パスタまで レシピ・作り方 by 農Pro ...

雪国に住む元はお兄さん、現在パパ
そろそろ悟りを開けそうだと思って20年ほど経つ。
が、未だにその兆候が見られないのが悩み

健康問題を中心に、ホンモノの情報、ダイエット、お得な情報を徹底究明!