ネクストブログ

本当の情報をまとめてみてます

エッセイ

エッセイ・勇気ある言葉  お題「子どもに対して、ベストの教育を考える」

投稿日:

世界で深刻な教育問題。現状を知り必要な対策や私たちが ...

教育というのは国家の一大事です。

子どもにどんな教育を行うかによって、国や地域の方向性が決まってしまうからです。
共産主義国家で育った子供はそれが”普通”になります。
資本主義で育った子どもだって同様。

親が喧嘩ばかりしていれば、”争うのは普通”と染みつきます。
周りの大人がTVの話ばかりしていれば、”TVを見るのが当然”となります。

 

そしてそういった子ども達が新しい社会を形成していくのですから、教育こそが国家の一大事である・・・というのは決して間違ってはいないでしょう。

 

しかして、教育とはどのように行うのが最善なのでしょう?

 

これには様々な意見が出るのは想像に難くありませんが、
子ども1人1人の個性に合わせて教育を与える・・・ということが「良い」という意見に異論をはさむ人は少ないことでしょう。
まずはこの考え方を基本に考えていきます。

子どもはそれぞれ、好きなものも興味を抱くものも違うし、成長の速度も違います。得手不得手も異なります。
それなのに、○歳になったんだからこれくらいは出来ないとダメ
○年生なんだからこれくらいはやろうね
というのは、あまりに画一的であり、その子の特性などを無視した押し付けの教育になる恐れがあります。
これはハッキリ言って学校のことを指しているのですが、これは学校の先生が悪いという意味ではありません。
もはや警報レベル…日本の「教師のなり手不足」3つの辛い原因 ...

まず学校の先生としては、教室に生徒が30人以上もいれば、1人1人の個性を把握するのは非常に困難です(ただでさえ教師の過重労働は問題になっている)。
また、現状では、最低でも皆と同じレベルにしてほしいと考える親もいますし、他の人と違うことを怖がる親だっています。とにかく勉強が出来るようにしてほしい親だっていますし、学校に行って学ぶのが当然だと考える親もいます。

教師としては、そういった親がいる限り、それに応えなくては、という発想が出るのは当たり前です。
従って、”勉強をやらせる”という行為に移ってしまうのも当然の帰結になります。

 

これをもってして学校がダメだ、ということにはなりません。
学校は求められていることをして、文科省から支持されたことをやっているに過ぎないのです。教師を否定する理由はありません。

とはいえ、「子供1人1人の個性に合った教育」は出来ないのも事実。

 

ではどうすればよいのか?

 

答えは、親、ではないでしょうか?

 

子どもの個性を一番把握しているのはその子の親です(である可能性が一番高い)。

親が、子どもを良く見て、
今は算数を教える時期だ
今はとにかく遊ばせる時期だ
今は一緒に身体を動かすのが良い

などと判断していくのが最良といえます。
もちろん、学校に行くのが良さそうだ、という可能性もありますよね

 

そこには早期教育がどうだとか、何歳だから、何年生だから、というのはありません。
その子にとって、もっとも学びになる方法を一緒に探って行けばよいのですから

インド独立の父マハトマ・ガンジーの言葉に
「幸せな家庭に勝る学校は無く、道徳的な親に勝る教師はいない」
という言葉があります。

これを地で行くことになるわけです。

 

こういったことを、肯定的にとってくださる方は増えていると思います。
昔はとにかく学校へ行っておけばOKという親も多かったでしょうが、その後情報も増え、教育を勉強している人も増えているからです。

とはいえ、まだまだ学校へ行くのが普通・・・と考える人が多いのも事実です。

ですから、親が
「自分の子が他の子と違う道を進んでもOK」、
「違うやり方をしたって大丈夫」
と思えるかが問題になってきます。

熱心な教育者ほど、学校に行かせたがったり、○年生までに□□を出来るようにしておきましょう、などと言います。
しかし、それはさすがに子どもの個性に合わせた思考法ではありませんよね。

とはいえ、前述したとおり、忙しい教師に個性にあった教育を求めるのには限界があります。
親がしっかりとした意志と知識で、子どもと共に学んでいくしかないのではないでしょうか?

 

まずは親がぶれずに、勉強して、子どもに伝える。
これが、もっとも大切で効果的な教育なのではないでしょうか?

-エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

エッセイ・勇気ある言葉 コ口ナワクチン5回目! マスコミもさすがに隠し切れない!?

まだ頑張り続けているコ口ナウイルス騒動。 しかし、なんですね。 最近、様々な年代の方とお話しする機会があったのですが、60代以上の方のマスコミ(TVや新聞)への信頼度は凄まじく高いですね。 完全に信じ …

エッセイ・勇気ある言葉 「北陸水害の生の声、現実の声」2022・8・3~4

報道でご存知の方も多いと思いますが、 私の普段住む地域の近隣で水害が発生しました。 被害状況はちょっと移動するだけでだいぶ変わります。 単純に、低い地域は被害が大きいですし、高い地域は被害が少ないです …

エッセイ・勇気ある言葉 「天日塩健康法、体験談(自分で実際に試してみました)」」

体調が悪くなると、健康のありがたみを感じます。 風邪を引いた時、花粉症になった時、怪我をした時・・・ 痛いとか身体が思い通りにならないのは辛いものです。   私自身、20代のころは滅茶苦茶な …

エッセイ・勇気ある言葉 「安倍晋三氏銃撃事件の真相を考察する」

2022年7月8日。 2日後に参院選を控えたこの日、奈良市で選挙応援に駆け付けていた元総理大臣の安倍晋三氏が銃撃を受け、搬送先の病院で死亡が確認されました。享年67歳でした。 お悔やみを申し上げます。 …

ひとりごと風エッセイ『勇気ある言葉』 お題「スズメバチも怖くない」 

先日、スズメバチに刺されました。 庭先で網戸の張替えをしていたんですが、張り替えた網戸を窓枠にはめる時にプスッといかれました。 どうもその窓の下に置いてあった木箱の中に巣を作っていたようで、それに近づ …

ロマネスコの切り方〜パスタまで レシピ・作り方 by 農Pro ...

雪国に住む元はお兄さん、現在パパ
そろそろ悟りを開けそうだと思って20年ほど経つ。
が、未だにその兆候が見られないのが悩み

健康問題を中心に、ホンモノの情報、ダイエット、お得な情報を徹底究明!