ネクストブログ

本当の情報をまとめてみてます

健康

電磁波って大丈夫? 身体への影響は? 問題あるなし、両方出てます

投稿日:2019年6月21日 更新日:

今日は突然気になった
電磁波の体への影響

 

ひいては
WIFIの体への影響
について考えてみたいと思います

 

ちなみにこれは自分が調べて書いたものですので、
最終的な判断は各自で行ってください

 

ただ、電磁波について調べてみますと
問題なし情報と
問題あり情報
両方見つかります

 

それらを総合して検討していく所存です

まず総務省なんですが、
これは当たり前ですが「問題なし」としています

 

電磁波には3つの作用があって

①刺激作用
②熱作用
③非熱作用

の3つです。

 

もちろん、この作用には悪影響が含まれているわけですが、ようは、どの程度ならその悪影響を受けずに済むか、
現状は大丈夫なのか、
が注目になってくるわけです

 

さて、では国の規制はどうなっているのか?
下図をご覧ください

国名 制定年 電界
kV/m
電界
区分
磁界
μT
磁界
区分
日本 1976年 3 規制 該当なし 該当なし
2011年 該当なし 該当なし 200(50/60Hz) 規制
韓国 1988年 3.5 告示 83.3(60Hz) 告示(2004年)
米国(注1) 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし
ドイツ 2013年 5 規制 100(50Hz) 規制
スイス 2000年 5 規制 100(50Hz)(注2) 規制
フランス 2001年 5 規制 100(50Hz) 規制
スウェーデン 2002年 5 勧告 100(50Hz) 勧告
イタリア 2003年 5 規制 100(50Hz)(注2) 規制
英国(注3) 2011年 9 基準 360(50Hz) 基準

©中部電力HPより

 

 

とまぁこんな感じになっております

 

面倒くさい説明は省かせていただきますが、
数値が低いほど基準が厳しいわけです

 

ちなみにアメリカは国としての規制はありませんが、州ごとにあったりなかったりするそうです(もっともアメリカは電磁波の規制がメチャ緩い)

 

電界、磁界併せて電磁界になるのですが、要はこれが電磁波のことだと(分かりやすくするため)端的にお考え下さい

 

つまり国とするとこの基準以下であれば問題なしと見ているわけです

 

ただ、調べてみると
そもそも電界は人体にはさほど影響がないことが分かっており、
磁界の方が人体への影響があることが分かっています

ニホン、磁界の方が緩いジャナイカ・・・

 

まぁそれでも影響なければいいんです!
ここで電磁波の悪影響についても見てみましょう

 

以下の内容は以下のサイトにから情報を得ています

イングリッシュですが・・・

 

 

まとめます

電磁波によって受ける悪影響は以下の通り

①不眠症
②成長阻害
③脳機能障害
④不妊
⑤心臓疾病の誘発
⑥発癌リスクの上昇

以上です

 

10個って書いてあるやないか!

ってツッコミが来そうですが、まとめるとこんな感じです

 

これだけ見ると怖いですが・・・

 

さらに以下もどうぞ
これは公の機関の電磁波に対する見解です

機関名 名称 発行年 見解
環境省 電磁環境の安全性に
関する調査研究報告書
1992   電磁界の生体影響に関して,WHO(世界保健機関)などの知見を修正する必要はない。
居住環境の電磁界は,IRPA(国際放射線防護学会)の一般人の連続暴露ガイドライン値以下である。
経済産業省
資源エネルギー庁
電磁界影響に関する
調査・検討報告書
1993   現時点において,居住環境で生じる商用周波磁界により,人の健康に有害な影響があるという証拠は認められない。
居住環境における磁界の強さはWHO(世界保健機関)などの見解に比べ十分低い。
環境省 電磁環境の健康影響に
関する調査研究
1995   電磁界の生体影響に関して,WHO(世界保健機関)などの知見を修正するに足る報告はない。
米国物理学会(APS) 送電線の電磁界と健康に関する声明 1995   送電線の電磁界とガンを関連付ける憶測は,科学的に立証されていない
全米科学アカデミー
(NAS)
居住環境における電磁界ばく露による健康への影響 1996   居住環境における商用周波電磁界が人体に有害な影響をおよぼす証拠は認められない。
RAPID計画
ワーキンググループ
ワーキンググループ報告書 1998   国際ガン研究機関(IARC)の発ガン性分類を用い,電磁界を「発ガン性があるかもしれない(グループ2B)」に分類することが,安全側の公衆衛生的判断である。
米国環境健康科学研究所(NIEHS) 商用周波電磁界へのばく露による健康影響に関するNIEHS報告
(米国RAPID計画の最終報告書)
1999   電磁界のばく露が何らかの健康リスクを提起しているということを示唆する科学的証拠は「弱い」。
全米科学アカデミー
(NAS)
NIEHS報告書に対する全米科学アカデミーの評価 1999   RAPID計画の結果は,電気の使用が公衆の健康障害を有するということを支持していない。
RAPID計画で得られた知見は,1996年の全米科学アカデミーの評価と異なるものではない。
経済産業省
資源エネルギー庁
NIEHS報告書の結論に対する見解(電気新聞(7月15日)) 1999   1993年の「電磁界影響に関する調査・検討報告書」に示された結論について「特段の変更が必要であるとは考えていない」。
国際がん研究機関
(IARC)
人の発ガン性リスク評価に関するモノグラフ 2002   極低周波磁界は「発ガン性があるかもしれない(グループ2B)」
静磁界,静電界および極低周波電界は「発ガン性については分類できない(グループ3)」
世界保健機関
(WHO)
・ファクトシート№322「電磁界と公衆衛生極低周波の電界及び磁界へのばく露」
・環境保健基準№238「極低周波電磁界」
2007   一般の人が普通に生活する上で,「電界」については健康上の問題はない。
高レベルの磁界への短期的ばく露については,健康への悪影響が科学的に確立されており,国際的なばく露ガイドラインを採用すべき。
長期的ばく露については,全体として,小児白血病に関連する証拠は因果関係と見なせるほど強いものではない。ばく露低減によって健康上の便益があるかどうか不明である。
経済産業省
資源エネルギー庁
電力設備電磁界対策ワーキンググループ報告書 2008   高レベルの磁界への短期的ばく露については,ICNIRPの国際的なばく露ガイドラインを採用する等法令面を含めた適切な対応を行なうべき。
長期的ばく露については,因果関係の証拠が弱い。

こちらは©中国電力様より

 

 

色分けは私の方で行いました

青・・・問題なし・安全と見ている
・・・安全性は確保されているがリスクも無視できない
赤・・・リスクがあるとみている

 

私自身は、専門機関だからと言ってすぐに信用はしていません
どっかの保健機関みたいに、明らかに意図されて作られたところも数多くありますからね・・・

 

しかし、
そういう観点も忘れず、なるべく公平な目で見てもらえればと思います
今日はほとんど情報を並べるだけになってしまいましたが、
私自身、携帯(スマホ)やPCを日常的に使っているわけですから、
既に電磁波に晒されまくりなわけです・・・・

 

実は以前に5Gについての記事も書いており、そこでも電磁波について書いております
(そこではかなり危険だという情報を掲載⇒5Gとは 今更聞けないので調べてみました – よんどころない話

 

資本主義(金が全て)が跋扈する現状では、なかなか正しい情報得るのは難しいです
企業やそれとつるむ国からの情報だけでは真実は見えず、
民間の一研究者の意見だけでは信憑性が不安で・・・

 

ですから、
1人1人が色々な情報を
様々な角度から捉え、
個人個人で考えを持ってもらいたいと思います

 

私個人の
現時点での見解は、
完全にシャットアウトするほど恐れる必要はないが、安全性が確実に立証されているわけではない

むしろ危険性が意図的に(金の為に)軽視されている
自分の身は自分で守り、仲間と繋がろう!
です

 

 

ちょっとわかりにくかった今日の内容
後で勉強しつつ、リライトするつもりです・・・

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

水に隠された真実 水は情報を「記憶」することが科学的に証明された 神秘の水

水はこの世でもっとも不思議な物質・・・そういっても過言ではないかもしれません。 「水は命を生み出し、情報を記憶する」 そう言ったのは、ノーベル物理学賞受賞でケンブリッジ大学名誉教授のブライアン・ジョセ …

10分程で読める新型コロナウイルスの裏側 要注意が必要かもしれません

新型コロナウイルス(COVID-19)で世界中大騒ぎになっています。一部ヨーロッパやインドなどでは外出自粛要請、日本でもオリンピック延期、世界中で株安、封鎖など様々な影響が出ています。リーマンショック …

コロナウイルスの危険性は? 今だからこそ速報でお伝えします コロナウイルスとは

今回は 中国の武漢で発生して世界中を騒がせているコロナウイルスについての情報をお伝えしたいと思います 色々と情報も錯綜しているようですので、 あくまでこれも情報のひとつとして、最終的にはそれぞれの判断 …

ウイルス対策で絶対に知っておきたい、3つの重要なポイント

世界中で猛威を振るっているコロナウイルス。ロックダウンや経済破綻などと言った、大きなことだけでなく、あなたもご存知の通り、我々の身近でも外出自粛、仕事減少、これから増えるリストラ・・・など多くの影響を …

砂糖は毒?それとも必要な栄養素? 安心な甘味料は?

甘い物はお好きですか? ジュースやお菓子、ケーキに果物・・・ 嫌いな人って少ないんじゃないでしょうか? ・・・という自分は実はそんなに好きじゃないんですけどネ 酒飲みは甘い物が嫌い、なんて聞きますけど …

「ロマネスコ」の画像検索結果

雪国に住む元はお兄さん、現在パパ
そろそろ悟りを開けそうだと思って20年ほど経つ。
が、未だにその兆候が見られないのが悩み

健康問題を中心に、ホンモノの情報、ダイエット、お得な情報を徹底究明!