ネクストブログ

本当の情報をまとめてみてます

真相探索 都市伝説

新型コロナワクチンに関する情報まとめ アメリカではアナフィラキシーは約0.002% 2021/2現在

投稿日:2021年2月16日 更新日:

世界のワクチン開発動向、競争が激化する中で不安材料も浮上してきた ...

日本でも始まる「コロ助ワクチン」。※諸事情でこのように表現しております

副作用(副反応)の問題が挙げられたり、非常に高い効果が期待できると言われたりと、賛否双方の意見が見られます。これだけ騒がれているわけですから、関心を持たれている方も多いと思います。
今回は既にワクチン接種が始まっているアメリカの現状や、ワクチンの期待値について考察していきたいと思います。
※副作用と副反応の違い・・・ほとんど同じ。副反応はワクチンに限った悪影響のことを指している

 

 

コロ助(na)ワクチンに関する情報 まとめ

日の丸ワクチン 最前線は 「年内に3000万人分製造へ」 | nippon.com

アメリカでは昨年(2020年)12月14日からワクチンの接種が始まっている。
開発が始まってから実際に使用されるまで異例の速さであり、当然ながら長期の治験は行われていない状況でのスタートでした。副反応を心配する人が多いのも当たり前のことと言えるでしょう。

米疾病対策センター(CDC)によると、昨年12月19日時点でワクチンは約27万回投与されています。そしてワクチン接種後にアナフィラキシー(複数の臓器などに強い反応が起こること)、または重度のアレルギー反応があったとして報道されたのはわずか6例に留まっています。確率でいうと0.0022%程です。

しかしこれを持って概ね安心とするのは早計かもしれない。

当局が「健康影響事象」と呼ぶものがある。
健康影響事象」とはアナフィラキシーなどではないが、”通常の生活を送ることが困難である”、または”医師や医療専門家からのケアが必要である”とされる状態になることを指している。

実はこの健康影響事象に該当する症状を発した人はワクチン接種者の約3%に見られているという。
3%の人にこれ程の問題が出てしまうのは他のワクチンと比較してもかなり高い確率である。
コロ助に罹患した人でも中軽症者及び無症状人も多い現状を踏まえると、もしかしたらワクチンを接種した方が苦しむことになる・・・そんなことも現実味のある話になっている。

 

 

注意すべきリスク

政府、ワクチン全員無料を検討 リスク踏まえ、広く接種|静岡新聞 ...

他にも注意すべきことがある。
12月1日、欧州医療品庁に全ての新型コロ助ワクチン研究の即時停止を求める緊急請願書が提出された。
これを作成したのは、世界的製薬会社ファイザーの元副社長兼最高科学責任者だったマイケル・イェードン博士と、ドイツの肺専門医で国会議員でもあるヴォルフガング・ウォーダーグ博士である。

この請願書の要点は2つある。
1つは非中和抗体による抗体依存性感染増強と言われるものである。
これは、ワクチンで獲得した抗体が野生のウイルスには効かず、かえって感染しやすくなり、かつ、アレルギー反応を助長してしまうこという。

もう1つは不妊の問題である。
ワクチン接種はウイルスのスパイク蛋白(ウイルスの外側のトゲトゲ)に対する抗体を産出すると言われている。コロ助ワクチンの場合、胎盤の形成に必要不可欠なシンシチンが、コロ助ウイルスのスパイクと同質のもののため、胎盤の形成を阻害=不妊の可能性は否定できないという。

 

また、数社のコロ助ワクチンにはポリエチレングリコールという添加物が含まれており、体内ではこの添加物に対する抗体も作られてしまう。すると、その抗体により場合によっては致命的なアレルギー反応を引き起こす可能性も指摘されている。
前述のとおり、長期的にな治験は行われていない為、今後さらに問題が出てくる可能性も考えておきたい。

※日本ではファイザー社のワクチンが使用されるようですが、ファイザー社のワクチンにはポリエチレングリコールが使われています。

 

 

その他 疑問点など 有効性について

コロナワクチンを訝る人に知ってほしい大問題 | 新型コロナ、長期戦の ...

このように多くの問題点を挙げる声は聞かれるのだが、”コロナは危険だ”という強引な理論でワクチン接種は進められようとしています。

医療従事者から始まり、高齢者や病気持ちの人から先に接種させようという話ですが、少し考えてみるとこれも疑問が湧いてきます。
高齢者や持病のある方は、コロナが重症化しやすい、というのがその理屈ですが、病気が重病化しやすい人はワクチンの副反応も出やすいのです。
病気が重症化しやすいのは身体が弱っているからであり、当然、ワクチンの刺激にも弱くなっています。

また、そもそもコロ助に対してのワクチンの効果も不安がある。
新型コロ助ウイルスは、鼻や喉などの粘膜から体内に入り込み感染すると言われています。
つまり予防するには鼻や喉の粘膜細胞に抗体がいなければならないのですが、注射によるワクチンでは血液中にしか抗体が出来ないと言います。血液は全身に流れていますが、抗体はサイズが大きいため、血管で流れて行っても鼻や喉、肺で活躍することは出来ないのです。
逆に粘膜細胞で感染し増殖したウイルスが血管内に入ることもありません
つまり抗体とウイルスが出会うことはないのです。
※ウイルス性肺炎が重症化し、肺の細胞が破壊されれば血管内にウイルスが侵入することはあります。しかし、そこで抗体が効果があるのかは確認されていない。

ちなみに厚生労働省、PMDA(医薬品医療機器総合機構)、製薬会社は、ワクチンにより鼻や喉の粘膜細胞に抗体が出来たかどうかは一切公表していません。

 

たまにワクチンは予防ではなく、重症化を防ぐんだ!という声も聞きますが、そういうデータは見たことありません。そもそも個人個人で症状が違うのにどうやって症状が軽くなった、などといえるのでしょう?タイムマシーンでもあるんでしょうかね(笑)

 

 

おわりに

最終的にワクチンを利用する、しないは個人の自由である。
どちらを選んでもその選択が尊重されることを望みます。

もっとも、今後の社会の流れを考えると、いずれワクチンの強制接種になることも充分に考えられます(というかそういう既定路線に見えます)。
そうでなくとも、未接種者には公共施設や公共交通機関の使用制限などで事実上の強制になったりしそうですね(そのためのマイナンバーでしょうかね(笑))

こういった他のワクチンと比べても危険性が高いと考えられるものでもあるわけですから、人権無視・人権侵害になる強制(半強制)はやめてほしいものです。
と、いうかすでに努力義務になっているようですが・・・

 

ともかく、これらはひとつの情報に過ぎません。
最終的にはご自分の判断で決断をお願いします(責任逃れ)

※コロ助について知りたい方はこちらのブログなどどうぞ
コロ助の裏側

※マスクの効果について知りたい方はこちらの記事をどうぞ
マスクはどのくらい効果があるのか!?

-真相探索, 都市伝説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

悪質商法の手口と対処法 実例、やり口、注意点などを紹介

長引く不況に加え、世界的な感染症の流行、資本主義も限界に来ているとも言われ、今後、より大きな不景気になる可能性も低くはありません。そうなると最悪の場合、治安の悪化、犯罪の増加もあるかもしれません。その …

差別は金の為に! なぜ社会から差別はなくならないのか!? 同和の裏側

  全国的にかどうかまでは調べていませんが、私の住む地域では小学校などで同和教育が今も行われています。もちろん、毎週の授業に組み込まれているわけではありませんが、定期的に同和の授業が行われて …

千島学説とは 現代医療を根底から覆す真実の話 千島学説をわかりやすく解説します

千島学説(千島・森下学説)とは故・千島喜久男博士が提唱した学説です 現代の医学界からは完全に無視されており、名前を聴くことすら滅多にありません。 なので、これを検索している方はその時点でけっこうな情報 …

日ユ同祖論=日本人とユダヤ人は同じ系統?  

以前、竹内文書についての記事を書きました ↓ (謎の古文書・竹内文書とは この世界の真実の姿が見えてくる!? )   この竹内文書の続きを書こうと思ったのですが、 その前にこれに関係する日本 …

コロナの裏側で日本を食い荒らす外資と売国奴 銀行法改悪により、日本は売り渡される!?

変異株だとかインド株だとか、毎日マスコミは大騒ぎ ワクチンに関しても治験の不十分さや不妊の問題など抑えきれないくらい出ており、副反応による被害も含めマスコミや政府は火消し(隠ぺい)に必死ですね。 こん …

ロマネスコの切り方〜パスタまで レシピ・作り方 by 農Pro ...

雪国に住む元はお兄さん、現在パパ
そろそろ悟りを開けそうだと思って20年ほど経つ。
が、未だにその兆候が見られないのが悩み

健康問題を中心に、ホンモノの情報、ダイエット、お得な情報を徹底究明!