ネクストブログ

本当の情報をまとめてみてます

健康

COVID-19(新型コロナウイルス)の予防方法をまとめました

投稿日:2020年2月19日 更新日:

2019年末から世界中で広がっているCOVID-19(新型コロナウイルス)

政府の対応が遅いだとか、今更対策しても遅いだとか言われています。

みなさんも気を付けていると思いますが、
具体的にどのように予防するのが良いのでしょう?

 

例えば、現代科学では
ウイルスは生物ではない
と定義づけられている事はご存知でしょうか?
(ただしこれにはまだ懐疑的な説もある)
そしてウイルスには抗生物質も効かないこともご存知でしょうか?

 

今日は、なるべく科学的なウイルスに効果のある予防法をお伝えしたいと思います。
少しでもお役に立てれば幸いです

 

 

 

感染症対策の基本

今回のCOVID-19は感染経路として、
飛沫感染と接触感染の2つが考えられています。
飛沫感染とは、要は咳やくしゃみでウイルスが飛び散りそれによって感染する事
接触感染は、感染者自身や感染者が触ったもの(つり革やエレベーターのボタン)を経由して感染することです

 

ごくごく一般的な事を書けば、これらの感染症の予防としてあげられるのは、

  • うがい・手洗い
  • 防寒
  • マスク着用
  • 人混みに行かない

などがあげられます。

 

 

上記は確かに大切な物理的防御法であり、するに越したことは無いでしょうし、これらの基本的な予防方法はオススメ出来ます。

 


ただ、
マスクなどは売り切れが続出したりしていますが、
冷静にウイルスの大きさを考えると、
マスク着用による予防効果は決して大きくはありません。

※エアロゾル感染とも言われていますが、これは飛沫感染に相当すると考えられています(厚労省HPより)

 

また、うがい、手洗いに関しても注意が必要です。

抗菌剤によるうがい
抗菌石鹸やアルコール消毒による手洗いは
マイナス効果になることも考えられます。

 

なぜならウイルスは前述のとおり生物ではない(細胞を持たない)ので、
抗菌剤によっていなくなるのは自身の身体についている菌(体を守る菌も含む)だけで、ウイルスには効かない場合もあるからです。

 

  • 手洗いは普通の石鹸で(ただし洗いすぎにも注意)
  • うがいは塩水で
  • マスクはあれば着用し、
  • 人混みにはなるべく近付かない

これが感染症予防の本当の基本になります

 

 

感染症対策は普段の生活

現在の所、COVID-19に効くとされる薬は開発されていません。

 

というか、普通の風邪ですら治せる薬は存在しないのですから、COVID-19を治せる薬を期待するのはさすがに無謀でしょう

 

そうなると、本当に大事なのは自分の免疫力ということになります。
そして免疫力を高めるのは、普段の生活が大事です。

食生活であったり、
睡眠であったり、
ストレスフリーであったりが大切なわけです。

 

では、免疫力をあげる為に大切なことを下記に簡単にまとめてみます

・睡眠時間をタップリとる
・水分をまめに補給する(乾燥させない)
・身体を暖かく保つ
・太陽光を浴びる(ビタミンDは免疫に必須)
・適度な運動
・熱めのお風呂に入る(10分以上浸かる)
・食べ過ぎない
 ⇒化学添加物はなるべく避ける。出来れば無農薬野菜などを選ぶ
 ⇒フルーツもちゃんと摂る(これも出来れば無農薬)
 ⇒免疫に大切な亜鉛を摂る(牡蠣やレバー、海藻、豆類など)
・笑顔を忘れない
 ⇒心配のし過ぎはストレスになります

 

といっても完璧にやろうとするとそれも大変なので、出来る範囲で構わないので気を付けていくのが良いのではないでしょうか?

 

それと砂糖を摂り過ぎないこともオススメします。

 

 

 

その他で注意すべき点

以前もこのブログで書いたことがあるのですが、
サイトカインストームには注意をしましょう

 

サイトカインストームとは、
自分の免疫物質が過剰に産生されてしまう事です。
ざっくり言えば免疫の異常反応です。
(正確にはサイトカイン放出症候群)

サイトカインストームは
生まれつきの体質でなる方もいらっしゃいますが、
ワクチンの接種や解熱剤の服用で起こることが解っています。

 

特に注意したいのは解熱剤です。
解熱剤は一部の免疫機能を抑え込んで熱を下げるので、そうすると別の免疫機能が暴走する可能性があるそうです。

もう少し詳しく言いますと、
注意する解熱剤は
ロキソニンやアスピリン系の解熱剤で、サイトカインストームのリスクを上昇させます。
一方、小児用解熱剤として使われるアセトアミノフェノン系の解熱剤はこのリスクはほぼないそうです。

 

 

そもそも発熱というのは、
体内でウイルスなどと戦うための身体の防御反応です。
必要があって身体は熱を高くしているのですから、それを無理矢理下げるというのは身体にとって本当に良いことなのでしょうか?
(もちろん、場合によっては必要なこともあると思いますが)

 

 

 

最後に

今回の新型コロナウイルス、様々なところで取り上げられニュースや動画になっています。
正直、あまりに情報が多すぎて困るくらいですね

中国政府が発表した感染者数と死亡者数を見ると、現在のところ死亡率は約2.5パーセントくらいのようです(中国政府の発表が本当かどうかは解りませんが)。

 

これだけ見ればインフルエンザと同等かやや怖いくらいの物ですが、出来れば感染したくありませんよね・・・・

こういう時、大切なのはやはり普段の生活だと思います。
逆に、普段の生活を健康的に送っていれば、必要以上に恐れることは無いかもしれません(責任は持てませんが)

どちらにしても、日々をしっかりと送っていきましょう
皆様のご健康をお祈りしております!

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダイエットで短期間(1か月以内)に結果を出すために

急いで痩せたい!という方のために、その方法を特選しました。 短期間で痩せるには 食べる量を減らしつつ 運動をこなす これしかありません 通常ダイエットは、長期的なものをオススメしています。それは、色々 …

砂糖は毒?それとも必要な栄養素? 安心な甘味料は?

甘い物はお好きですか? ジュースやお菓子、ケーキに果物・・・ 嫌いな人って少ないんじゃないでしょうか? ・・・という自分は実はそんなに好きじゃないんですけどネ 酒飲みは甘い物が嫌い、なんて聞きますけど …

電磁波って大丈夫? 身体への影響は? 問題あるなし、両方出てます

今日は突然気になった 電磁波の体への影響   ひいては WIFIの体への影響 について考えてみたいと思います   ちなみにこれは自分が調べて書いたものですので、 最終的な判断は各自 …

脳と心とお金を奪う製薬会社 精神薬の闇

ほとんどの薬には副作用がある、というのは常識です 例えば頭痛薬で有名な「バ〇ァリン」の副作用は頭痛です。うつ病の薬の副作用がうつ病、というのも珍しくありません。薬ではこのように「効用と副作用が同じ」、 …

水に隠された真実 水は情報を「記憶」することが科学的に証明された 神秘の水

水はこの世でもっとも不思議な物質・・・そういっても過言ではないかもしれません。 「水は命を生み出し、情報を記憶する」 そう言ったのは、ノーベル物理学賞受賞でケンブリッジ大学名誉教授のブライアン・ジョセ …

「ロマネスコ」の画像検索結果

雪国に住む元はお兄さん、現在パパ
そろそろ悟りを開けそうだと思って20年ほど経つ。
が、未だにその兆候が見られないのが悩み

健康問題を中心に、ホンモノの情報、ダイエット、お得な情報を徹底究明!